Site Overlay

AGAの基礎知識

AGA・薄毛対策の基礎知識

AGAとは

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略であり「男性型脱毛症」と呼ばれており、成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。
額の生え際と頭頂部のどちらか、または両方の髪の毛が徐々に細く短くなり、少しずつ髪が薄くなっていくのが特徴です。

AGAはいつ頃から始まる?

AGAは主に男性ホルモンが関係しているため、特に思春期以降に発生する進行性の脱毛症を指します。
日本人男性もAGAの発症率は20代で約10%、30代で約20%、40代で約30%、50代で40数%と年齢とともに高くなります。
AGAは進行性です。治療やケアをせずに放置しておくと、髪の毛は少しずつ減り続け、薄毛が目立つようになります。そのため、早めに医師に相談し、適切な治療やケア行うことが重要です。

なぜ思春期以降に発症するの?

AGAは一般的にストレスや遺伝・男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。
若い男性は、より男性らしい体を作るため男性ホルモンの「テストステロン」が活発に作られますが、20代頃からこの量は少しずつ減少します。

すると、減少したテストステロンを補うために「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素が活性化し、少ないテストステロンからより大きなパワーを持った「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成するようになります。

AGAとDHTの関係性

正常な毛髪のサイクルが保たれていれば、薄毛になることはないですが、このサイクルを乱すのが男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン(DHT)」です。

DHTは本来は男子の胎児期に外性器の発達を促す重要な働きをするホルモンです。しかしこのDHTは思春期を過ぎると、AGAやニキビや前立腺肥大などの症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化します。

DHTは、男性ホルモンの「テストステロン」が「5aリダクターゼ」という酵素の働きによって変化 したもので、このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつくと、髪の毛の正常なサイクルを狂わせるとされています。

DHTの結合した男性ホルモン感受性毛包において、受容体は「TGF-B1」などの蛋白質を誘発します。
このTGF-B1は細胞の働きを調節する役割があり、毛包細胞に受容体と結合することで毛包の細胞自然死(アポトーシス)が起こり、毛母細胞の増殖が抑制される結果、毛周期が退行期へ誘導され、成長期が短縮すると言われています。

AGAの特徴

5aリダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類が存在します。
薄毛と強く関係するⅡ型が前頭部や頭頂部に多く分泌していることが、頭の上やM字から薄毛になる人が多い理由です。後頭部と側頭部にはⅠ型が多く、Ⅱ型は少ないため薄毛になりにくいのです。

AGAの進行度

ハミルトン・ノーウッド分類に見る薄毛の進行度。現在広く用いられているAGAのタイプ分類で、日本人に最も多いのは「Vertex型」と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です