Site Overlay

AGA・薄毛の原因

AGA・薄毛対策の基礎知識

主な原因

一般的にストレスや遺伝・男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

生活習慣

睡眠
髪の成長に必要な成長ホルモンは、入眠してから1時間後にもっとも多く分泌されます。
成長ホルモンが分泌されると細胞成長因子等を誘導する「IGF-1」が生成され、毛細細胞の増殖を促します。
そのことから、一番眠りが深くなるこの時間帯の睡眠の質が髪の毛にも影響します。

喫煙
喫煙は頭皮の血流を悪化させます。

ストレス
ストレスがかかると、末梢血管が収縮し血流が悪くなります。それにより毛細血管から毛母細胞に酸素や栄養素が届かなくなり、毛根が腐ります。

食生活

食生活
髪の毛の成長を促すホルモンが多く分泌される22時~2時の時間帯に食事をしない生活習慣や、毛母細胞に必要な栄養素をおくるためのバランスの良い食事を見直すことも大切です。

過度な飲酒
過度な飲酒はアルコールを分解させるために髪の成長に欠かせない栄養素アミノ酸、ミネラルが多く使われ、髪に行き渡る栄養素が不足しやすくなります。
また飲酒すると、体内でアルコールを分解する際に「アセトアルデヒド」というホルモンがつくられ、発毛・育毛を妨げる悪玉ホルモンDHTを増加させます。

頭皮環境

頭皮のベタつき
髪の毛が生えてくる毛根に皮脂や汚れが詰まることで、炎症を起こす場合があります。
また、皮脂が過剰に分泌されると、「脂漏性皮膚炎」の原因になります。脂漏性皮膚炎になると、髪を洗ってもすぐにベタつくようになり、かゆみや湿疹、かさぶたが発症します。そして、深刻な頭皮環境の悪化により抜け毛につながります。

フケ・痒み
湿気が多く皮脂が多いことで、カビが繁殖し皮膚炎をおこし、フケやかゆみ、発疹が現れ、毛根にダメージとなり抜け毛につながります。
これも「脂漏性脱毛症」と呼ばれる症状です。

シャンプー
正しい髪の洗い方をしていないと、頭皮を傷つけている場合があります。指の腹でやさしく丁寧に洗い、皮脂を落としすぎないように、ぬるま湯でしっかり流しましょう。
それでも洗いあがりに髪のパサつきや頭皮のカサつきがある場合は、自分に合ったシャンプーを見直すことも大切です。

パーマ・ヘアアイロン等
パーマ剤の使用やヘアアイロンで髪の毛を引っ張るなども、毛母細胞が死んでしまい、薄毛の原因に。

遺伝

遺伝・男性ホルモン
頭皮の男性ホルモン受容体に結合すると薄毛が進行するDHTの量は酵素の5αリダクターゼの量とも関係しており、5αリダクターゼが活性化するのは遺伝で決まる部分があり、両親のどちらかが、その活性化する遺伝子を持っていれば、子供に優性遺伝します。
また、DHTに対する男性ホルモン受容体(レセプター)の感受性も遺伝するといわれています。