Site Overlay

健康な髪に近づく自宅ケア

効果的なセルフケア

健康的な髪の毛を保つには

薄毛になる原因として、遺伝・男性ホルモン以外にストレスや生活習慣の乱れ、頭皮環境の悪化が挙げられます。健康的な髪の毛により早く近づけるため、AGA治療とともに毎日ご自宅でできるセルフケアをご紹介します。

▼薄毛・AGAの原因の詳細はこちら

睡眠

髪は睡眠中に一番成長をします。髪の成長に必要な成長ホルモンは、入眠してから1時間後にもっとも多く分泌されます。この成長ホルモンは、規則正しい時間に就寝すると、分泌量が多いと言われています。夜更かしは避けて、質の良い睡眠を特に入眠から3時間はとりましょう。

バランスの良い食事

髪の毛や頭皮は栄養素を材料にして作られています。健康的な髪の毛、頭皮環境をよくするためにも、髪の毛の主成分タンパク質をはじめ、タンパク質作りに欠かせない「亜鉛」、血流を促進させる「ビタミンA」「ビタミンB6」などが多い食べ物を意識的に摂取することが大切です。
また成長ホルモンが多く分泌される時間帯(22時~2時)に食事をしないことも大切です。この成長ホルモンの分泌は、血糖値が上がると抑制されると言われています。

▼タンパク質についてはこちら
▼亜鉛についてはこちら
▼ビタミンAについてはこちら
▼ビタミンB6についてはこちら

禁煙・適度な飲酒・体を温める

喫煙は、タバコの中に含まれるニコチンが血管を収縮させて血流を悪くする作用を持っているため、毛母細胞にしっかりと栄養が届かず薄毛を進行させます。

栄養素を運ぶ血流を担っている腎臓、その運ばれた栄養素を合成する働きがある肝臓は髪の毛にとても影響があります。
どちらも体を冷やしてしまうと、働きが悪くなります。
飲酒に関してはアルコールを摂取することで肝臓に多大なる負担をかけてしまいます。さらに、過度な飲酒はアルコールを分解させるために髪の成長に欠かせない栄養素アミノ酸が多く使われ、髪に行き渡る栄養素が不足しやすくなります。
また、タバコに含まれるアセトアルデヒドも肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

洗髪方法・シャンプーの見直し

ヘアケアをしっかり意識することも大切です。
正しい髪の洗い方をしていないと、頭皮を傷つけている場合があります。
正しい洗い方をしても髪にパサつきや頭皮が乾燥する場合はシャンプーを見直しましょう。
石油原料で製造された洗浄力の強い成分配合のシャンプーは頭皮を保護する為の皮脂まで洗い流してしまうことがあります。できれば頭皮に優しく刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使われることをおすすめします。

洗ったあとは、自然乾燥はせず、必ずしっかり乾かしましょう。特に頭皮が濡れたままだと、菌が繁殖し頭皮環境が悪くなり、薄毛の進行につながります。

頭皮に優しい洗い方
発毛の土台となる頭皮環境を良好に保つため、洗髪方法を見直しましょう。
❶軽くブラッシングして、ほこりなどを落としながら、髪のからまりを整えます。
❷熱すぎないお湯で、地肌までしっかりすすぎます。
❸シャンプーを手のひらでよく泡立て、指の腹の部分で頭皮をマッサージするように洗います。
 爪を立てず、力を入れずに優しく洗いましょう。
❹頭皮や髪にシャンプーが残らないよう、時間をかけてしっかりすすぎます。
 リンスをつけた場合も、しっかりすすぎましょう。
❺タオルで優しく髪を挟みながら、水気をしっかりとります。
❻頭皮から20cm以上離してドライヤーで乾かします。

適度な運動・頭皮マッサージ

過剰なストレスは自律神経を乱すため、頭皮や髪によくありません。
適度な有酸素運動は酸素を血液に送り込んで血流を良くし、ストレスを緩和させます。

頭皮マッサージもストレスを緩和させるほか、血流を良くして、頭皮や髪の毛に栄養素を送りやすくするのも効果的ですがいくつか注意が必要です。
指の腹や手のひらを上手に使い、爪で地肌を痛めたり、力を入れて叩きすぎたりしないようにしましょう。髪の毛を引っ張りすぎても毛母細胞が死んでしまい、薄毛の原因になります。